フクロウよりもよく眠る

週末に16時間寝ている社会人が、起きている時間にやってみたことを紹介します

名古屋めしの1つ「あんかけスパゲティ」を作ってみた

名古屋めしといえば、
・味噌カツ
・手羽先
・味噌煮込みうどん
・ひつまぶし
・あんかけスパゲティ
・きしめん
・台湾ラーメン
などがあります。夏に帰省した際のおみやげに名古屋めしの1つである「あんかけスパゲティ」のレトルトを購入したので、今回作ってみました。
 
あんかけスパゲティ
太い麺に甘辛のあんがかかったスパゲティです。ウインナー、玉ねぎ、ピーマンが入っていることが多いです。野菜が入っているのを「カントリー」、ソーセージとかが入っているのが「ミラネーゼ(ズ)」、野菜とソーセージが入っているのが「ミラカン」とか呼ばれます。
お店としてはあんかけスパゲティ発祥の店として有名な「ヨコイ」や名古屋駅にも店舗がある「チャオ」が有名です。
 

 
買ったもの
名古屋駅のおみやげコーナーにあった「チャオ」のあんかけスパゲティレトルトを買いました。
家に帰ってから開けてみると、ルーのほかにあんかけスパゲティに必要不可欠な太いスパゲティも入っていました。このセットがあればいつでもあんかけスパゲティが楽しめますね!!!

f:id:sleep16h:20170904221036j:plain

f:id:sleep16h:20170904221100j:plain

 
いざ調理
家にはコンロが1つしかないので調理する順番が大事です。まず、麺を茹でます。麺は太さ2.2mmもあるため湯で時間は12分かかりました。茹でている間にピーマン、玉ねぎ、赤ウインナーを切ります。
麺が茹で終わったらピーマン、玉ねぎ、赤ウインナーを炒めて、その後麺も合わせて再度炒めます。
麺、ピーマンなどを皿に移し、レトルトのルーをフライパンにいれ温めたら麺にぶっかけ完成です。
盛り付け下手すぎる・・・

f:id:sleep16h:20170904221125j:plain

食べてみて
遠い昔に食べたときは甘辛の印象があったのですが、今回作ったのは甘さも辛さもあまりなくなんか微妙でした。野菜を入れすぎなのか、作り方が悪かったのか・・・。それとも「チャオ」のソースがそもそもそんな味なのか・・・。
もう一人前残っているので、今度はパッケージに書かれたとおりに調理してみたいと思います。
 
まとめ
名古屋めしの1つである「あんかけスパゲティ」のレトルトを調理した。イメージと違う味でした。
去年までは東京に「ヨコイ」があったらしい。東京人には名古屋の味は合わないのかな。東京に住むようになってから名古屋の味が恋しくなってます。